« 烏賊・いか・イカ | トップページ | '09.4.13 & 20NHK 『家族に乾杯』に唐津市が登場 »

2009/04/09

呼子大仏(通称)

【大仏の日】というのがあるそうです。
Dsc_2760今朝のラジオ(ローカル局)で聞き、はじめて知りました。
奈良の大仏の開眼供養が、752年の今日・4月9日に行われたことにちなんでいるそうな。

そのラジオで『呼子大仏』の話が出てました。
ってなコトで、『呼子大仏』さんのところへ行ってみましたっ(^^ゞ

場所は「国民宿舎・呼子ロッジ」の目の前(海側)です。
呼子湾の東側、最北端(?)になります。
路線バスなら「呼子ロッジ前」で降りてくださいっ♪

今日の天気は、、、多分晴れsun
しかし、昨日(夕方)から霧が…… ( ̄_ ̄;)

太陽は見えるけどっ! 雲は見えないけどっっ!!  、、、青空も見えませんでした。
どないな天気やねん(ー"ー;)

そんな天気だったので、大仏さんの周りも真っ白。
大仏さんの視界は、晴天時なら長崎県の壱岐まで見渡せるはずなのに、下界がまったく真っ白になっておりました。
足元から見上げてたおいらの姿、大仏さんは見つけてくれたんでしょか?

Dsc_2779

この『呼子大仏』、阿弥陀如来さんであります。
台座を含む高さは約10.5m。なかなかの迫力です。
大正11年に建てられたこの像、コンクリートで出来てるそうです。
そして驚くなかれ、信心深い発願者を中心に地元漁師も加わり、宗派の壁を越え「自分たちの手で」つくられたとのことっ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

結構いい出来だと思うので、プロも混じってはいたんでしょが、、、
大正の時代に、しかも自力で高さ10m超のコンクリート像をたてるなんて、すごい人たちがいたもんだとびっくり。
そして良く残っているもんだと、これまたびっくり。
で、如来さんの右手が欠けてて、数年たっても修理できてないことにも、またまたびっくり。

ラジオの中継が、如来さんのそばまで来てたようなので、如来さんは恥ずかしくて霧を深くしたんでしょかね?
失くした右手を見られたくなくて霧をかけられたんでしょか。。。そう考えるとちょっとかなしいweep

この大仏さんについての由来その他(今日のラジオで聞いたのを含む)と、知人に聞いた新ネタは、、、長くなりそう(?)なのでまた次の機会に。
では、また(* ̄0 ̄)ノ

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

|

« 烏賊・いか・イカ | トップページ | '09.4.13 & 20NHK 『家族に乾杯』に唐津市が登場 »

コメント

呼子大仏の修復着々と進んでますよ。綺麗になった阿弥陀如来像を見てやってください。

投稿: 達徳 | 2009/12/28 16:09

達徳さま>
コメントありがとうございます。

修復の噂を聞き、工事用に目隠しされた如来様を一度拝見しました。
情報が足りずに記事にしませんでしたが(^_^;)

綺麗になった如来様、ぜひ見に行きます!
ありがとうございましたhappy01

投稿: よぶこ の くじら | 2009/12/28 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111523/29042634

この記事へのトラックバック一覧です: 呼子大仏(通称):

« 烏賊・いか・イカ | トップページ | '09.4.13 & 20NHK 『家族に乾杯』に唐津市が登場 »