« 呼子湾に虹 | トップページ | 呼子へ 交通のご案内 »

2008/12/01

呼子大橋と弁天島

呼子大橋がカーブしているのは、下に弁天島があるからです。

Dsc_0070_2大橋の下に並ぶ大小二つの島(男島、女島)を弁天島と呼びます。

遊歩橋で行けるようになった島が女島。ここには厳島神社が祀られています。

潮が引いていると、磯伝いに男島へも行けます。

ここには石で造られた観音菩薩と、舟に乗ったお地蔵様が居られます。
Dsc_0075 Dsc_0087

これらの上を人が我が物顔で通るのは失礼! だと、呼子大橋はカーブを描くことになったようです。

この弁天島は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際名護屋に在陣したときに、舟遊びをしたとも伝わっています。
もともと天然の漁礁として、近隣住民が釣りや磯もの採りの場所でもありました。
今も釣り人が訪れ、磯遊びの場所でもあります。
ただし、漁業権やらあるようなので、磯もの採りは駄目…なのかな?

観音菩薩や船乗地蔵尊の由来は、、、まだ分からず(^_^;)
きっとそのうちに(* ̄0 ̄)ノ

|

« 呼子湾に虹 | トップページ | 呼子へ 交通のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111523/25296511

この記事へのトラックバック一覧です: 呼子大橋と弁天島:

« 呼子湾に虹 | トップページ | 呼子へ 交通のご案内 »