« 伝説 「松浦佐用姫(まつら さよひめ)」 | トップページ | 遊覧船 »

2008/11/07

呼子の朝市

日本三大悲恋物語の次は、日本三大朝市
呼子の朝市は、その一つです。
09280003

因みに他の二つは、
石川県 輪島   ・   岐阜県 高山
ん~、さすが有名どころです。そこに呼子が入って良いんでしょうかねぇ?

まぁ、他人様が決めてくれたコトだから置いといて。

呼子の朝市には大きな特徴が一つ。
商店の軒先を借りて出店している。
朝市の通りは「松浦町商店街なんです。
販売品目が若干異なるとはいえ、商売敵とは思わないんでしょうか。品目が被るところもあるし、トラブルが全くないとは思えませんが…、結構みなさん仲良くしておられる様子。

商店のヌシや従業員が遠出せずに、朝市で野菜や魚を買う。
出店してるおばちゃんは売上げたお金で日用品や衣類、肉やお菓子を買う。

物々交換の発展系を眺めているようで、おいらはこの朝市、結構好きなんです。

あ、どこかの加工品が売れ出すと、類似商品が沸くように出てくることがあります。
自然と淘汰されて生き残るもの、さらに生まれ変わるものがあります。これを眺めてるのもまぁ、楽しい。

あと、これはどこの朝市にもおられるんでしょが、おばちゃんたちが元気が良い。
普通の元気の良さじゃぁ、まだまだヒヨッコです。しかもほとんどが高齢者。
おいら、小学校のときの通学路が朝市だったんですが、半分くらいは同じ顔ぶれじゃないでしょか?
祖母は早くに他界したので会ったこともありませんが、朝市に行くとおいらの「おばぁちゃん」と「かあちゃん」が沢山います(笑)

朝市の看板娘(!?)の話など、朝市の話は正直尽きません。しかし長ぁぁ~くなるので次の機会にしますね。

では、また(* ̄0 ̄)ノ

|

« 伝説 「松浦佐用姫(まつら さよひめ)」 | トップページ | 遊覧船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111523/24192271

この記事へのトラックバック一覧です: 呼子の朝市:

« 伝説 「松浦佐用姫(まつら さよひめ)」 | トップページ | 遊覧船 »