« やっとスルメの写真(^-^; | トップページ | 呼子の特産・名産品(海産物以外の) »

2008/11/25

呼子の味【松浦漬】

知る人ぞ知る(?)松浦漬。
捕鯨で栄えていた呼子だからこそ、そして当時(つい最近まで)、呼子でも日本酒が造られていたから誕生した一品です。

簡単にいえば【鯨の軟骨の酒粕漬け】です。
独特の食感をもつ、クジラの上あごの軟骨(かぶら骨)が酒粕に漬け込まれています。
「酒粕を洗い落として軟骨だけを食べた」なんて笑い話も残っていますが、これは酒粕ごと食べるものです。
『名物に美味いものなし』という言葉もありますが、けっこうイケルと思いますよ。熱々ご飯に乗っけても、酒のつまみにも(*^ー^*)

明治25年に山下ツルさんという方が生み出したその味は、明治40年商標登録され現在まで受け継がれています。
創業当時、売り出しに力を入れた創業一家は、各地で営業もされていたようで(営業メインか、旅メインかは不明?)、旅の途中、かの有名な歌人【北原白秋】氏と交流が生まれたそうです。
そんな話はまた次の機会に。

そして、松浦漬本舗初代社長・山下ツルさんが明治中期の呼子港で捕鯨船団の出航を見送る写真が残っています。
え~と。。。勝手に掲載できないので「松浦漬本舗」で検索して公式HPへ飛んで頂けると見られます。(トップページをのほほんと眺めて下さい。)
ついでに松浦漬の歴史なんかもご確認ください。普通に読み物としても楽しめると思います。
購入については、呼子朝市通りなどの土産物屋でも扱ってますが、製造直売の【松簾(しょうれん)】(唐津市呼子町殿ノ浦5)へ行って頂くと試食も出来るかも? です。

現物と鯨のひげで作った看板(?)の写真は撮り損ねたので(汗)、きっとそのうちに(* ̄0 ̄)ノ

|

« やっとスルメの写真(^-^; | トップページ | 呼子の特産・名産品(海産物以外の) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111523/25347058

この記事へのトラックバック一覧です: 呼子の味【松浦漬】:

« やっとスルメの写真(^-^; | トップページ | 呼子の特産・名産品(海産物以外の) »